僕だけのスーパーマン

こやまくんとにのみやくん。

いつの時代だとしても、私は心から愛するよ

 

 

 

 

とあるブログが物議を醸しておりますね。

 

ずーーーっとおもってて、いつか書きたいなって思ってたことがあって。もしかしたらいまなんじゃないのかなって思って。

年の瀬だし。思いの丈をぶちまけようと思っております。

 

 

私が嵐を好きになったのはいまから10年前の2006年。

売れてなかったとは言わないにしても、ドームツアーもまだ出来ない、5人でのレギュラー番組も深夜とローカルしか持っていない、知名度もそこまではないような、そんな時代でした。

20代前半から半ばの、いけいけの兄ちゃんたち。

キラキラしてて、楽しそうで、仲が良さそうで、パワーに溢れていて、上へ上へ、手を取り合って向かっていく姿が凄く好きでした。

そして、実際に高いところに進んでいく5人が本当に誇りでした。

 

 

がむしゃらだった。

規制もそこまでなかった。

やりたいことができていた。

好きなことができていた。

ファンとの距離が近かった。

目標があって、エネルギーがあった。

向かっている先が明確だった。

若かった。

 

 

 

それから月日が流れ、いろんなことが起こり、

多分色んなことをそれぞれ考えたんだろうな。

 

 

 

私の意見です。

 

わたしは、嵐が変わってしまった、

というよりも、

「嵐が置かれている環境が変わってしまった」

だけなんだろうな、と思っています。

 

 

国民的アイドルと呼ばれ、

だれでも知っている知名度を手に入れ、

チケットがまったく手に入らない人気ぶりになり、

全員が30代の半ばに差し掛かり。

 

 

 

そんな状況で、今までと全く変わらないことをやり続けるのって、一部の応援しているファンしか楽しめないことをやるのって、そんな現状維持って、ただの衰退じゃないのかな、って思ってしまいます。

 

 

何年前か忘れたけど、全くジャニオタでもなんでもない同級生が歌番組の特番を見て、

「嵐の安心感ってやっぱいいなあ」

ってツイートしてたんです。

 

たしかそのときも、嵐はいつもの、みんなが知っているようなメドレーを披露していて。

オタ垢ではなんでこんなつまんないの、って言われてたんです。

 

でも、私はその友達のツイートを見て、

嵐に求められてるのってきっとそこなんだろうなって、すーごい納得しちゃったんです。

 

 

ジャニオタだげじゃなくて、もっともっと大多数の国民が、嵐を見て、あー知ってる!いいなあ、すきだなあ、って思う、

それが「国民的アイドル」と呼ばれるようになった代償で、価値なんだろうなって。

 

 

 

だから、

「いつもと同じ曲しか歌わない」

「守ることしかしない」

「昔の方が良かった、すきだった」

 

置かれてる環境が違うんだもん。

しょうがないじゃん。

 

 

 

 

でも私は、嵐の5人がそれに甘んじてるとは決して思いません。

「アリーナでみんなの近くに行けたのが今年一番良かった」

年末のどのテキストを読んでも、二宮くんは必ずこう言ってくれる。

会える機会を心の底から喜んでくれる。

 

5人が潤くんを筆頭に時間をかけて考えて、

全員が楽しめる、かつ、新しいことを取り入れコンサートを毎年更新してくれる。

 

いつになっても、いくつになっても、最後には「今年のコンサートも凄く楽しかった!」って言ってくれる。

「来年はもっとみんなに会える機会を増やしたい」って言ってくれる。

 

 

 

置かれてる環境は変わって、嵐もいい意味で変わって、でも根底は何も変わってなくて。

 

 

変わっていいんです。

だって現状維持じゃ5人は絶対納得しないもん。

 

 

 

わたしは

変わっていく嵐がすきで、

変わらない嵐がすきです。

 

意地でもプライドでもなく、

一緒に過ごす空間の楽しさが毎年更新されるから、「来年も好きでいたいな」って思えるんです。

 

 

「みんなの嵐」の部分しか見えなくて、見れなくて、好きになれないって判断するならそれはそれでいいと思う。

 

 

ただ、過去にしがみついて、今の嵐を否定して、粗探しをするのは、うーん、個人的には好きではないなっていう、そういう意見です。

 

 

 

このブログを読んでくれている人は知っていると思うけど、私はNEWSも大好きです。

似てるけど全然違うと思う。

違うぶんだけ、ふたつのグループが大好きなんです。

 

 

嵐もNEWSも今後の目指す場所は全然違ってくるのかもしれないし、同じ土俵ではないのかもしれないけど、だからこそ、違う尺度からわたしはずっとふたつのグループを好きでいたい。

 

そういうオタクもいるんだよ、って、

頭の片隅にでもいれておいてくれる人が1人でもいたら嬉しいなって、そう思います。

 

 

 

思い立って勢いで書いたから、

書き直すかもしれません(笑)

 

おしまい!(笑)